Top / ■Blog / ■Author's Image

■Author's Image
06.01.16 - Mon.

ちょっと前に、ブログの「イメージ」というお話をしましたが、
またちょっと別のお話。


ブログを覚えてもらうには「イメージ」を持って、
「ここはこんな感じ」って感じてもらうのが一番、ってお話でした。
そうやって覚えていってもらうと、
書いてる人も「こんな感じかなぁ?」っていうイメージが生まれます。
それがおしゃれな文章ならおしゃれなヒト、って決まってるわけじゃないけど
ある程度書いてる文章でイメージがついて、ゆく。

別に意識して書いてるわけでなくても、そのヒトがずっと書いてるんであれば
クセなどなどがあるし、取り上げるネタも方向性がある。
したがって、「イメージ」が出来ていきます。
そして、そのイメージに従って書いたり、ちょっと裏切ってみたり。
その書いてるヒトの、つまり「Author's Image」を自分で理解し、
生かすことができれば書いてる文章も少し「太く」なるかもしれません。

「このヒトらしい文章」を書けば、いつもどおりの安心感というか、
落ち着きを感じられるハズ。
そして逆に「このヒトらしくない文章」を書くと、意外性が目立って
少し文章にひきつけられるヒトが増えるかも?しれません。
要するに、自分のキャラを理解して、それをどっちの方向に転がすかは別にして
「うまい具合に生かしていく」コトが大事、なんでしょう。


ボクはどうなんでしょか?自分で理解するのって難しいものなんですよね。
でも、自分はどうかって少し考えてみてもいいかも。
Posted at 21:57 | Comment:0 | TrackBack:0 |▲TOP
この記事へのコメント
Your Name:

Your HomePage or Blog:

Comment:

Remember you?

※TBをする際は 「■コメント・トラックバックについて」
    の中の■トラックバックについてをご覧ください。
    ただいま、TBはかげまるが承認してから表示されるようになっています。
    お手数かけますが、ご協力お願いします。

TrackBack URL



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。