Top / ■Blog / ■"ブログ"というものの怖さ。

■"ブログ"というものの怖さ。
05.06.16 - Thu.

すさまじくノンフィクションに近いフィクション。
KOuさんのとこで知ったのだけれど、身近にありそうで怖いパロディー。

まずはこちらを見てから。


まず思ったのは、なぜこの家族はこの様な事態になったのか。

押し付けがましい親子愛。
「家族のブログは見ない」というルール。
親のアクセス至上主義。

理由はいろいろあるのかもしれない。
ただひとつだけいえるのは、

ブログというものがなければ、娘はこうはならなかった。

それだけは確かだ。



そして、彼女は自分のブログに本当のことを書いているのだろうか?
アクセスがほしいだけ、コメントがほしいだけで書いてないだろうか?

マスコミは事実を報道しなければいけない。
しかし、ブログはマスコミ的な役割を担っていても、真実を語る義務はない。
そう、ブログはブログであるからだ。

その上、これが真実かどうかは本人にしか分からない。
本当のことなのかどうか?ウソなのか?

そう、これも「ブログというものがあるから」だ。



この家族のような事態が、そう遠くない未来にくるのかもしれない。
Posted at 22:03 | Comment:2 | TrackBack:2 |▲TOP
この記事へのコメント
Moo-TblogのKOuです。

>ブログはマスコミ的な役割を担っていても、真実を語る義務はない。

そうなんですよね、
それを判っていて遊ぶのなら良いわけです。その程度に捉えていればいいのだと思うのです。

でも、それを時々忘れてしまう。

このコンテンツをただ、ただ、怖がるのではなく、何をもう一度認識しなおさなければならないか?そして、このコンテンツも、ブログも遊びの範疇として楽しむことが大事なのだと思いますね。


遊びだったら、いろいろな角度で楽しむほうがいいじゃないですか?
Posted by KOu at 05.06.17 - Fri. 16:31
ですね。

マスコミ的ではあるけど、マスコミではない。
見る人がどうそこを受け入れるか、それが大事なんだと思います。


「遊び」という面もある。
こんな多面性のコンテンツもなかなかないんじゃないかと思います。
Posted by かげまる at 05.06.17 - Fri. 21:52
Your Name:

Your HomePage or Blog:

Comment:

Remember you?

※TBをする際は 「■コメント・トラックバックについて」
    の中の■トラックバックについてをご覧ください。
    ただいま、TBはかげまるが承認してから表示されるようになっています。
    お手数かけますが、ご協力お願いします。

TrackBack URL



ブロガーが選ぶブログ大賞への投票
Excerpt:  「ブロガーが選ぶブログ大賞」の投票期限が迫っています。 先日ようやく参加数170のブログ全てを読み終えました。 一気に通して読んだのですが、それぞれ個性がありながらも、 どこか共通点も感じ、今..
Weblog: でも愛してるとは違ってる
Tracked: 05.12.17 - Sat. 16:12

「ブロガーが選ぶブログ大賞」への投票
Excerpt: 参加させていただいた「ブロガーが選ぶブログ大賞」への投票です。 170ものブログ...
Weblog: TENERE
Tracked: 05.12.22 - Thu. 07:37

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。